出雲市: 鰐淵寺

  島根県:歴史・観光・見所出雲市・観光>鰐淵寺
島根県・名所・見所
 ・ 華蔵寺
 ・ 熊野大社
 ・ 松江城
 ・ 真名井神社
 ・ 神魂神社
 ・ 八重垣神社
 ・ 美保関
 ・ 美保神社
 ・ 清水寺
 ・ 月山富田城
 ・ 一畑薬師
 ・ 日御碕灯台
 ・ 日御碕
 ・ 日御碕神社
 ・ 鰐淵寺
 ・ 立久恵峡
 ・ 石見畳ヶ浦
 ・ 柿本神社
 ・ 津和野城
 ・ 鷲原八幡宮
 ・ 太鼓谷稲成神社
 ・ 出雲大社
 ・ 物部神社
 ・ 佐太神社
 ・ 龍源寺間歩
 ・ 佐毘売山神社
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
鰐淵寺・歴史・観光・見所
鰐淵寺概要: 鰐淵寺の創建は推古天皇2年(594)、智春上人が推古天皇の眼病平癒を祈り浮浪滝から流れる霊水で推古天皇の眼を洗ったところ見事快癒したことから、この地に勅願寺を開いたのが始まりとされます。寺号の鰐淵寺は智春上人が浮浪滝に祈願した際、誤って仏具を滝壺に落すと、滝主である鰐が拾い上人に届けた故事によるものと伝えられています。平安時代、慈覚大師円仁がこの地に巡錫で訪れた際、天台宗に改宗し比叡山延暦寺(滋賀県大津市坂本)の末寺となり、以来、当地方の天台宗の中心的存在となります。又、弁慶の修行寺としても知られ18歳から3年間鰐淵寺に入り、その後比叡山に登ったとされ大山寺(鳥取県大山町)から一夜にして弁慶が持ち帰ったという銅鐘(国指定重要文化財)をはじめ自画像や背負い櫃など弁慶縁の品々を所有しています。古くから神仏習合し出雲大社の別当寺院として歴代領主から絶大なる庇護となり寛和2年(986)には千年堂と薬師堂が国衙の命により造営され、鎌倉時代には出雲国守護の佐々木氏の庇護になり最盛期には42坊を擁する大寺として大きな影響力を持ちました。元弘2年(1333)、後醍醐天皇が隠岐に流された際、鰐淵寺南院の頼源大師が随行し宸筆の願文を賜っています。戦国時代に入ると毛利氏との関係を深め、当時の住職栄芸が尼子氏に呪法を懸けると尼子氏が凋落し、毛利元就の出雲侵攻が成ったとされ、天正5年(1577)に孫である輝元は感謝の意から現在の根本堂(出雲市指定文化財)を造営しています。江戸時代に入ると寺領300石が安堵されますが出雲大社が神道よりになった為、中世程の勢は失われました。
  スポンサーリンク
 

鰐淵寺の文化財
 ・ 絹本著色山王本地仏像−室町時代初期−国指定重要文化財
 ・ 絹本著色一字金輪曼荼羅図−鎌倉時代初期−国指定重要文化財
 ・ 絹本著色毛利元就像−室町時代後期−国指定重要文化財
 ・ 銅造観世音菩薩立像(2躯)−飛鳥時代後期−国指定重要文化財
 ・ 銅鐘−寿永2年−国指定重要文化財
 ・ 紙本墨書頼源文書−元弘2年・貞和5年−国指定重要文化財
 ・ 紙本墨書名和長利執達状−建武3年−国指定重要文化財
 ・ 紙本墨書後醍醐天皇御願文(2通)−元弘2年−国指定重要文化財
 ・ 石製経筒(附:湖州鏡)−平安時代−国指定重要文化財
 ・ その他多数

鰐淵寺
鰐淵寺
[ 付近地図: 島根県出雲市 ]・[ 出雲市:歴史・観光・見所 ]
鰐淵寺 鰐淵寺 鰐淵寺 鰐淵寺 鰐淵寺 鰐淵寺
鰐淵寺 鰐淵寺 鰐淵寺 鰐淵寺 鰐淵寺 鰐淵寺
鰐淵寺 鰐淵寺 鰐淵寺 鰐淵寺 鰐淵寺 鰐淵寺
鰐淵寺 鰐淵寺 鰐淵寺 鰐淵寺 鰐淵寺 鰐淵寺
島根県(ホーム)戻る

 島根県観光・旅行見所ナビ:
松江市安来市奥出雲町雲南市出雲市江津市浜田市益田市津和野町大田市島根県:城郭島根県:古民家島根県:近代洋風建築(洋館)
島根県:寺院島根県:神社石見銀山(世界遺産・歴史・観光)温泉津温泉
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「島根県:歴史・観光・見所」は「島根県の歴史」、「郷土資料辞典−島根県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。