浜田市: 浜田城

  島根県:歴史・観光・見所浜田市・観光>浜田城

浜田城
浜田城
[ 付近地図: 島根県浜田市 ]・[ 浜田市:歴史・観光・見所 ]
浜田城 浜田城 浜田城 浜田城 浜田城
浜田城 浜田城 浜田城 浜田城 浜田城
浜田城 浜田城 浜田城 浜田城 浜田城
概要・歴史・観光・見所
浜田城概要: 浜田城浜田城は元和6年(1620)から元和9年にかけて浜田藩(5万4百石)初代藩主となった古田重治によって築かれました。2代古田重恒は正保3年(1646)にお家騒動(古田騒動)を起こし、慶安元年(1648)に死去(騒動を悔い自刃したとも。)、跡継ぎがなく無嗣断絶しています。慶安2年(1649)、松平康映が山崎藩から5万石で入封すると5代にわたり世襲し、宝暦9年(1759)5代藩主松平康福が古河藩(茨城県古河市)に移封になると代わって本多忠敞が古河藩から5万石で入封します。明和6年(1769)、3代本多忠粛が岡崎藩(愛知県岡崎市)に移封になると再度松平康福が5万5千4百石で入封しています。天保7年(1836)、会津屋八右衛門が浜田藩の財政を助ける為、中国や朝鮮と海外貿易したことが間宮林蔵の調査により発覚、その罪により3代藩主松平康任は隠居となり4代藩主松平康爵は棚倉藩(福島県棚倉町)へ転封になっています。同年、松平斉厚が館林藩(群馬県館林市)から6万1千石で入封、慶応2年(1866)の4代松平武聡の代に第二次長州征伐が行われると長州藩が領内に侵攻し武聡は敗走しています。この際、浜田城と城下町は浜田藩士によって焼き払われ、飛び地である作州鶴田まで退き、浜田藩領は事実上長州藩の支配下に置かれます。浜田城は標高68mの亀山山頂付近に築かれた梯郭式平山城で3方を浜田川と日本海で囲われ海岸から見ると海に突き出ているように見えます。本丸北西隅には三重の天守閣が設けられ一ノ門、二ノ門は櫓門、煙硝蔵などが設置されました。現在は建物の遺構はありませんが石垣や郭の形状などがよく残り昭和37年に島根県指定史跡に指定されています。

 浜田市観光・旅行見所ナビ:
下府廃寺塔跡八右衛門の碑歩兵雨覆練兵場国分寺霹靂神社国分町三隅城松原町心覚院石見国分寺石見国分尼寺石見畳ヶ浦
大麻山神社浜田城龍雲寺国分寺瓦窯跡
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「島根県歴史観光案内所」は「島根県の歴史」、「郷土資料辞典−島根県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。