浜田市: 龍雲寺

  島根県:歴史・観光・見所浜田市:歴史・観光・見所>龍雲寺

概要・歴史・観光・見所
龍雲寺(浜田市)概要: 海蔵山龍雲寺は島根県浜田市三隅町芦谷に境内を構えている曹洞宗の寺院です。龍雲寺の創建は永徳2年(1382)、当時の三隅城の城主三隅信兼が無端祖環(大本山総持寺七世)を招いて開山し三隅家代々の菩提寺としたのが始まりと伝えられています。寺宝が多く紙本墨書大般若経が島根県指定文化財に、木造阿弥陀如来坐像、伝空海筆十三佛画幅、紺紙金泥金剛経が浜田市指定文化財にそれぞれ指定されています。

又、龍雲寺本堂は浜田藩主松平家菩提寺である長安院の本堂を移築したものと伝えられています(天保3年:1832年に浜田藩の御用廻船問屋会津屋八右衛門は藩の財政を助ける為海外貿易を行い死罪となり、藩主松平康任は棚倉藩:現在の福島県棚倉町に移封となり、長安院は衰微しました)。山号:海蔵山。宗派:曹洞宗。本尊:釈迦如来。

龍雲寺山門は切妻、桟瓦葺き(鯱付き)、三間一戸、桁行3間、梁間2間、八脚楼門、高欄付き。龍雲寺本堂は木造平屋建て、入母屋、桟瓦葺き、平入、桁行6間、正面1間軒唐破風向拝付き、外壁は真壁造白漆喰仕上げ、天井絵は狩野法眼惟信作の「八方睨の一疋大竜」、内陣には本尊となる釈迦如来像が安置されています。

【 参考:サイト 】
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
【 参考:文献等 】
・ 現地案内板

龍雲寺:写真

龍雲寺
[ 付近地図: 島根県浜田市 ]・[ 浜田市:歴史・観光・見所 ]
龍雲寺 龍雲寺 龍雲寺 龍雲寺
龍雲寺 龍雲寺 龍雲寺 龍雲寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「島根県歴史観光案内所」は「島根県の歴史」、「郷土資料辞典−島根県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシー