浜田市: 三隅城

  島根県:歴史・観光・見所浜田市:歴史・観光・見所>三隅城

概要・歴史・観光・見所
三隅城(浜田市)概要: 三隅城は寛喜元年(1229)、三隅兼信が築城したのが始まりとされます。三隅家は七尾城主である益田家の一族でしたが南北朝では南朝側に属し本家筋である益田家と対立しています。興国3年(1342)には北朝方の上野頼兼が三隅城に侵攻、正平5年(1350)にも北朝方の高師泰が三隅兼信を攻めますが何れも退けています。天正21年(1552)、陶晴賢と益田藤兼が三隅城を急襲、当時の城主三隅兼隆は不利を悟り開城し城を明け渡しています。その後、陶氏が滅亡すると三隅氏は尼子氏に従い三隅城に復帰したとされますが、毛利氏と対立し元亀元年(1570)、毛利方の吉川勢に攻められ滅亡したと云われています。

【 参考:文献等 】
・ 現地案内板

三隅城:写真

三隅城
[ 付近地図: 島根県浜田市 ]・[ 浜田市:歴史・観光・見所 ]
三隅城 三隅城 三隅城 三隅城


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「島根県歴史観光案内所」は「島根県の歴史」、「郷土資料辞典−島根県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシー