益田兼堯の墓

  島根県:歴史・観光・見所益田市:歴史・観光・見所>益田兼堯の墓

概要・歴史・観光・見所
益田兼堯の墓(益田市)概要: 案内板によると「 益田氏15代益田兼堯は、宝徳、享徳の際、周防の大内氏に属して京都付近に戦い寛正中、畠山義就を河内の国に攻め応仁の乱には山名宗全に属して諸所に転戦した。晩年、益田七尾山下に大雄庵をいとなみ関居した。文明年間石見を来訪中の画聖雪舟を崇観寺に迎えた。滞在中雪舟は「益田兼堯寿像」の名画を益田に留めた。文明17年(1485)兼堯は大雄庵に死去し、法名は全国瑞兼大雄という。」とあります。益田兼堯の墓は昭和46年に益田市指定文化財に指定されています。

益田兼堯の墓:写真

益田兼堯の墓
[ 付近地図: 島根県益田市 ]・[ 益田市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「島根県歴史観光案内所」は「島根県の歴史」、「郷土資料辞典−島根県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。