益田市: 染羽天石勝神社

  島根県:歴史・観光・見所益田市観光>染羽天石勝神社

染羽天石勝神社
染羽天石勝神社
[ 付近地図: 島根県益田市 ]・[ 益田市:歴史・観光・見所 ]
染羽天石勝神社 染羽天石勝神社 染羽天石勝神社 染羽天石勝神社
概要・歴史・観光・見所
染羽天石勝神社概要: 染羽天石勝神社の創建は神亀2年(725)、天石勝命の分霊を後裔とされる春日一族が勧請したのが始まりと伝えられています。天安2年(857)に正一位を授けられ、延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳には式内社として記載されました。古くから神仏習合し承平元年(931)には別当寺院として勝達寺が建立されました。中世に入ると領主である益田家から崇敬庇護され社運も隆盛しました。江戸時代に入ると幕府から庇護され寛文5年(1665)の4代将軍徳川家綱から万延元年(1860)の14代家茂まで朱印状を賜り社領が安堵されました。明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏式が廃され勝達寺も廃寺となり本尊の不動明王(平安時代作、一木造、国指定重要文化財)も鎌倉市の極楽寺に移されました。現在の本殿は天正11年(1583)、当時領主益田藤兼と元祥が再建したもので三間社流造、桁行3間、梁間3間、1間の庇床に高欄が廻っています。染羽天石勝神社本殿は室町時代後期に建てられた神社本殿建築の遺構として大変貴重なことから国指定重要文化財に指定されています。

 益田市観光・旅行見所ナビ:
医光寺益田兼堯の墓柿本神社暁音寺三宅御土居七尾城住吉神社小丸山古墳須久茂塚古墳染羽天石勝神社大喜庵福王寺
豊田神社万福寺旧美濃郡役所
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「島根県歴史観光案内所」は「島根県の歴史」、「郷土資料辞典−島根県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。