益田市: 豊田神社

  島根県:歴史・観光・見所益田市観光>豊田神社

豊田神社
豊田神社
[ 付近地図: 島根県益田市 ]・[ 益田市:歴史・観光・見所 ]
豊田神社 豊田神社 豊田神社 豊田神社
概要・歴史・観光・見所
豊田神社概要: 豊田神社の創建は孝元天皇の御代(紀元前214〜紀元前158)、天津大神多祁阿久豆魂命の御霊を勧請したのが始まりと伝えられています。長元8年(1035)、天津大神多祁阿久豆魂命が荒神になり、それを鎮める為、三井寺(滋賀県大津市)の住職明尊僧正が9個の壷に酒を入れ封じました。中世に入ると領主豊田氏から崇敬庇護し正元元年(1259)には神宮寺を開いています。江戸時代に入ると津和野藩主亀井家から庇護され宝永3年(1706)には地中から9個の壷を掘り出し御神体としています。明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏式が廃され、明治3年に豊田神社に改称、明治7年に郷社に列しました。

 益田市観光・旅行見所ナビ:
医光寺益田兼堯の墓柿本神社暁音寺三宅御土居七尾城住吉神社小丸山古墳須久茂塚古墳染羽天石勝神社大喜庵福王寺
豊田神社万福寺旧美濃郡役所
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「島根県歴史観光案内所」は「島根県の歴史」、「郷土資料辞典−島根県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。