雲南市: 神原神社

  島根県:歴史・観光・見所雲南市観光>神原神社

神原神社
神原神社
[ 付近地図: 島根県雲南市 ]・[ 雲南市:歴史・観光・見所 ]
神原神社 神原神社 神原神社 神原神社
概要・歴史・観光・見所
神原神社(雲南市)概要: 神原神社の創建は不詳ですが、天平5年(733)に編纂された出雲国風土記では「神原社」、延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳では式内社神原神社と記載されている古社です。祭神は大國主神、磐筒男命、磐筒女命ですが元々の社地は前期古墳時代に築造された神原神社古墳の上にあり古墳からは三角縁神獣鏡(景初3年:239年、国指定重要文化財)などが発見されていることから、当時の有力豪族の氏神が祭られていたのかも知れません。伝説によると大國主神が神御財を積み置いた事から神財郷と呼ばれ、それが転じて神原郷と呼ばれるようになったとされ大國主神が様々な神宝を守る為、天照大神が磐筒男命と磐筒女命に命じて守らせたのかも知れません(発見された三角縁神獣鏡が神宝とも)。ただし、当初は赤川の対岸、才明寺の東南に鎮座し、その後に古墳の上部に遷座したともいわれ、こちらが正しければ神原神社と古墳とは関係が薄いと思われます。その後は屋裏郷、屋代郷、神原郷三郷の総氏神として信仰され広大な境内で例祭も盛大に行われていたとされます。中世以降は神仏習合し「神原松井大明神」や「松井神寶大神宮」、「神寶明神」などと呼ばれ神宮寺(真言宗)が祭祀を司っていましたが明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏式が廃され、旧社号である「神原神社」に復し明治4年(1871)に村社に列し明治44年(1911)に神饌幣巾料供進神社に指定されています。昭和47年(1972)に赤川の河川工事の際、現在地に遷座しています。神門(神社山門)は切妻、銅板葺、三間一戸、八脚単層門。拝殿は入母屋、銅板葺、平入、桁行6間、梁間3間、正面1間向拝付。本殿は大社造、銅板葺。例祭(11月9日)で奉納される「神原神社の獅子舞」は古式を伝える貴重な行事として昭和63年(1988)に島根県指定無形民俗文化財に指定されています。祭神:大国主命、磐筒女命、磐筒男命。

 雲南市観光・旅行見所ナビ:
雲見滝永井隆博士旧宅吉田町光明寺三刀屋城浄土寺神楽の宿神原神社神原神社古墳仁王寺須我神社須我神社奥宮
菅谷たたら高殿菅谷たたら山内禅定寺峯寺堀江家住宅妙法寺龍頭八重滝
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「島根県歴史観光案内所」は「島根県の歴史」、「郷土資料辞典−島根県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。