雲南市: 神原神社古墳

  島根県:歴史・観光・見所雲南市観光>神原神社古墳

神原神社古墳
神原神社古墳
[ 付近地図: 島根県雲南市 ]・[ 雲南市:歴史・観光・見所 ]
概要・歴史・観光・見所
神原神社古墳概要: 神原神社古墳は古墳時代前期に築造された大型方墳で、山陰地方最も早く造られたとされています。規模は横幅29m、縦幅25m、高さ5m以上、石室は内法で長さ5.8m、幅1m、高さ1.4m。副葬品として三角縁神獣鏡(景初3年:239年)や様々鉄剣や太刀、鍬などの金属製品が発見されています。特に三角縁神獣鏡は邪馬台国の女王卑弥呼が魏の国から授かった銅鏡と同型と推定され、邪馬台国と同地域との関係性が強かったと思われます。昭和47年に赤川の河川工事の際、古墳は破壊され、神原神社の境内に石室が復元、三角縁神獣鏡などの副葬品は国指定重要文化財に指定されています。

 雲南市観光・旅行見所ナビ:
雲見滝永井隆博士旧宅吉田町光明寺三刀屋城浄土寺神楽の宿神原神社神原神社古墳仁王寺須我神社須我神社奥宮
菅谷たたら高殿菅谷たたら山内禅定寺峯寺堀江家住宅妙法寺龍頭八重滝
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「島根県歴史観光案内所」は「島根県の歴史」、「郷土資料辞典−島根県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。