津和野町: 森鴎外旧宅

  島根県:歴史・観光・見所津和野町:歴史・観光・見所>森鴎外旧宅

概要・歴史・観光・見所
森鴎外旧宅(津和野町)概要: 森鴎外旧宅は島根県鹿足郡津和野町町田に屋敷を構えている古民家(中級武家屋敷)で、森鴎外が文久2年(1862)に生まれ、明治5年(1872)11歳で東京に移るまで過ごした旧宅です。森家は代々、津和野藩の御典医を勤めていた家柄で、鴎外も長男として幼少の時から教育され6歳で論語を読み、8歳で藩校である養老館で勉学を励んでいたと伝えられています。

森鴎外旧宅は嘉永6年(1853)の火災で焼失後に再建されたもので、木造平屋建て、入母屋、桟瓦葺き、平入、外壁は真壁造り土壁鏝押え、腰壁は板張り。旧宅は町の所有になったものの老朽化が激しくなり昭和59年(1984)に解体修理され、昭和43年(1968)に歴史的にも大変貴重な事から国指定史跡に指定されました。

【 参考:文献等 】
・ 現地案内板-津和野町教育委員会

森鴎外旧宅:外観・屋敷・写真

森鴎外旧宅
[ 付近地図: 島根県津和野町 ]・[ 津和野町:歴史・観光・見所 ]
森鴎外旧宅 森鴎外旧宅 森鴎外旧宅 森鴎外旧宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「島根県歴史観光案内所」は「島根県の歴史」、「郷土資料辞典−島根県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシー