月山富田城: 勝日高守神社

  島根県:歴史・観光・見所安来市観光月山富田城>勝日高守神社

勝日高守神社
勝日高守神社
[ 付近地図: 島根県安来市 ]・[ 安来市:歴史・観光・見所 ]
勝日高守神社 勝日高守神社 勝日高守神社 勝日高守神社
概要・歴史・観光・見所
勝日高守神社概要: 勝日高守神社の創建は欽明天皇31年(570)に大国主命の分霊を勧請されたのが始まりとされます。天平5年(733)に編纂された出雲国風土記には加豆比乃高社と記されるなど古くから信仰されてきました。保元年間(1156〜59)、藤原景清(平家の武将)が月山富田城を築くと城の鎮守社として崇敬庇護され、特に戦国時代に富田城の城主となった尼子氏からは篤く信仰したと伝えられています。富田八幡宮の境内社勝日神社は、勝日高守神社の里宮とされ、伝承によると藤原景清が富田城を築いた際、元々鎮座していた勝日高守神社の境内を汚すのを嫌い、白羽の矢を放ち刺さった場所を霊地として社殿を造営し里宮としたと伝えられています。

 月山富田城観光・旅行見所ナビ:
千畳平太鼓壇奥書院花ノ壇山中御殿三の丸二の丸本丸尼子晴久の墓尼子興久の墓親子観音勝日高守神社
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「島根県歴史観光案内所」は「島根県の歴史」、「郷土資料辞典−島根県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。