安来市: 堀尾吉晴の墓

  島根県:歴史・観光・見所安来市:歴史・観光・見所>堀尾吉晴の墓

概要・歴史・観光・見所
堀尾吉晴の墓(安来市)概要: 堀尾吉晴の墓は島根県安来市広瀬町富田に境内を構えている巌倉寺の一角にあります。堀尾吉晴の墓堀尾吉晴は松江藩初代藩主となった人物です。豊臣政権下は秀吉家臣として信任が厚く浜松城(静岡県浜松市)12万石の領主となっていましたが、秀吉が死去すると徳川家に組し慶長5年(1600)の関が原の戦いでも東軍として行動した為、出雲、隠岐24万石の領主となり月山富田城に入りました。2代忠氏が慶長9年(1604)に死去すると、3代忠晴が幼少だった為、吉晴が後見人として藩政を司り慶長16年(1611)、松江城が完成した年に没しました。遺言により吉晴の遺骸はこの地に葬られ高さ3mの五輪塔が建立されました。

堀尾吉晴の墓:写真

堀尾吉晴の墓
[ 付近地図: 島根県安来市 ]・[ 安来市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「島根県歴史観光案内所」は「島根県の歴史」、「郷土資料辞典−島根県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。