美保関・歴史・観光・見所

  島根県:歴史・観光・見所>美保関

概要・歴史・観光・見所
美保関(歴史)概要: 美保関は古くは「美保之碕」と呼ばれていました。天平5年(733)に編纂された出雲国風土記の国引き伝説によると美保之碕は北陸地方から引いてきた土地とされ、当時から北陸地方と強い繋がりがあったと思われます。国譲りの際には事代主命(大国命の御子神、美保神社の祭神)が釣りを楽しんだと云われる「沖の御前島(出雲国風土記では等々島、現在は美保神社の飛地境内地)」や「地の御前島(出雲国風土記では土島、現在は美保神社の飛地境内地)」があり神話の舞台でもあります。美保関は島根半島の先端にあたり隠岐の島や朝鮮半島に望めるなど海上交通の重要拠点として古くから重要視され、室町時代には幕府の管理下に入り関所からは多額の上納金が上がったと伝えられています。戦国時代には毛利氏と尼子氏が美保関を巡り攻防戦が繰り広げられ、美保神社も兵火により社殿が焼失しています。江戸時代に入ると北前船の寄港地として多くの物資が集められ、漁港としても整備された為、その繁華街は西日本有数とも言われました。明治時代に入り交通網が整備されると海運の拠点としての重要性が失われますが、その後は観光地として開発されています。

美保関・町並み:写真

美保関:町並み 美保関:町並み 美保関:町並み 美保関:町並み 美保関:町並み
美保関:町並み 美保関:町並み 美保関:町並み 美保関:町並み 美保関:町並み
美保関:町並み 美保関:町並み 美保関:町並み 美保関:町並み 美保関:町並み

美保関・神社・寺院・城郭

おかげ井戸
おかげの井戸
おかげの井戸
吏員退息所
旧吏員退息所
旧吏員退息所
地蔵崎
地蔵崎
地蔵崎
美保関灯台
美保関灯台
美保関灯台
美保館
美保館
美保館
美保神社
美保神社
美保神社
仏谷寺
仏谷寺
仏谷寺
 
白
 
 
白
 
 
白
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「島根県歴史観光案内所」は「島根県の歴史」、「郷土資料辞典−島根県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。