出雲市: 筆投島

  島根県:歴史・観光・見所出雲市:歴史・観光・見所>筆投島

概要・歴史・観光・見所
筆投島(出雲市)概要: 筆投島は高さ約21mの均整の取れた島で日御碕にと稲佐浜の中間当たりの沖合いに浮かんでいます。平安時代初期に豊かな画才を朝廷に認められ宮廷画家として名を馳せた巨勢金岡がこの島を描こうとしましたが、島姿があまりにも美しく、又、刻々と変わる島影にどうしても描くことが出来ず、筆を投げ出したことから「筆投島」と呼ばれるようになったと伝えられています。

筆投島:写真

筆投島
[ 付近地図: 島根県出雲市 ]・[ 出雲市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「島根県歴史観光案内所」は「島根県の歴史」、「郷土資料辞典−島根県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。