出雲市: 北島国造家

  島根県:歴史・観光・見所出雲市:歴史・観光・見所>北島国造家

概要・歴史・観光・見所
北島国造家(出雲市)概要: 北島国造家は元出雲国造だった出雲氏を祖とする家柄で、国造の任を解かれると出雲大社の祭祀を司る社家として子孫が世襲しています。当時は一子相伝として代々受け継がれてきましたが康永年間(1342〜1345年)、第55代国造家を継いだ三郎清孝が病弱だった為、その後継争いで五郎孝宗と六郎貞孝が争い、守護代の吉田厳覚の裁定により孝宗が千家国造家、貞孝が北島国造家として祭祀は両家平等に行うようになりました。明治時代以降は北島家は出雲教とそれぞれ宗教法人を主宰しています。屋敷内には大門や庭園、旧社家竹下邸、命主社、御神殿、御三社、天満宮、天神社などがあり、特に四脚門は寛文年間(1661〜1673年)に造替になったもので、切妻、檜皮葺、一間一戸、出雲大社境内の中で最古の建物として貴重な事から昭和43年(1968)に島根県指定文化財に指定されています。

北島国造家:写真

北島国造家
[ 付近地図: 島根県出雲市 ]・[ 出雲市:歴史・観光・見所 ]
北島国造家 北島国造家 北島国造家 北島国造家
北島国造家 北島国造家 北島国造家 北島国造家


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「島根県歴史観光案内所」は「島根県の歴史」、「郷土資料辞典−島根県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。