松江市: 武家屋敷

  島根県:歴史・観光・見所松江市:歴史・観光・見所>武家屋敷

概要・歴史・観光・見所

武家屋敷(松江市)概要: 松江城を築城の際、宇賀山を開削し武家町を町割りしをし塩見縄手と呼ばれました。昭和48年(1973)には松江市伝統美観保存条例が施行、昭和61年(1986)には副題「塩見家栄進の記念道」として日本の道100選に選定、平成19年(2007)には景観法及び都市計画法による「景観地区」に制定され現在でも数軒の武家屋敷が当時の雰囲気を伝えています。

当武家屋敷は江戸時代に中級武士の邸宅として建てられたもので、長屋門は切妻、桟瓦葺き、正面大壁造り、側面真壁造り、白漆喰仕上げ、腰壁は下見板張り、武者窓付、内部は向かって左側が厩、表門を挟んで左側には中門部屋が3室連続して配されています。

主屋は木造平屋建て、切妻、桟瓦葺き、平入、外壁は真壁造白漆喰仕上げ、内部は式台付玄関、内玄関、次の間、家族部屋、奥方居間、茶室、仏間、湯殿、味噌部屋、竃、雪隠などで構成されています。

武家屋敷は貴重な事から昭和45年(1970)に松江市指定文化財に指定されています。

武家屋敷:上空画像

【 参考:サイト 】
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
公式ホームページ
【 参考:文献等 】
・ 現地案内板(武家屋敷邸内見取図)
・ 現地案内板(概要)


武家屋敷:ストリートビュー

武家屋敷:写真

武家屋敷
[ 付近地図: 島根県松江市 ]・[ 松江市:歴史・観光・見所 ]
武家屋敷 武家屋敷 武家屋敷 武家屋敷


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「島根県歴史観光案内所」は「島根県の歴史」、「郷土資料辞典−島根県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシー