松江市: 岡田山古墳

  島根県:歴史・観光・見所松江市観光>岡田山古墳

岡田山古墳
岡田山古墳
[ 付近地図: 島根県松江市 ]・[ 松江市:歴史・観光・見所 ]
岡田山古墳 岡田山古墳 岡田山古墳 岡田山古墳
岡田山古墳 岡田山古墳 岡田山古墳 岡田山古墳
概要・歴史・観光・見所
岡田山古墳概要: 岡田山古墳は6世紀後半に築造された古墳です。1号墳は全長24mの前方後方墳で後方部は幅14m、高さ4m、3段構成で表面には葺石が葺かれ、中段には円筒埴輪が廻らされていました。石室は両袖形の横穴式石室で全長5.6m、玄室の長さ2.8m、内部には家形石棺が安置されています。副葬品が豊富で内行花文鏡や銀象嵌円頭大刀、馬具や須恵器などが発見され、特に銀象嵌円頭大刀は「各田卩臣」(額田部臣)の銘が確認されています。額田部臣は天平5年(733)に編纂された出雲国風土記に登場する人物で6世紀から既に部民制が確立していたことを示す重要な物証になっています。2号墳は直径約43m、高さ約6.5mの円墳で葺石が葺かれ円筒埴輪が配されていました。円墳の規模としては出雲地方では大塚古墳に次ぐ大きさで権力の持った豪族の墳墓と推定されています。岡田山古墳は昭和40年に国指定史跡に指定されています。又、出土品は昭和60年に国指定重要文化財に指定されています。

 松江市観光・旅行見所ナビ:
カラコロ工房阿太加夜神社安国寺岡田山古墳華蔵寺岩屋後古墳岩屋寺旧八束銀行本店興雲閣金崎古墳群熊野大社月照寺
佐太神社松江市宍道町山代郷遺跡群出雲国庁跡出雲国分寺跡小泉八雲旧居松江城松江神社城山稲荷神社浄音寺真名井神社
神魂神社須賀神社菅原天満宮菅田庵成相寺洗合城善光寺中海天倫寺洞光寺八雲本陣八重垣神社普門院古曾志古墳群
武内神社法吉神社六所神社美保関武家屋敷
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「島根県歴史観光案内所」は「島根県の歴史」、「郷土資料辞典−島根県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。