松江市: 出雲国分寺跡

  島根県:歴史・観光・見所松江市観光>出雲国分寺跡

出雲国分寺跡
出雲国分寺跡
[ 付近地図: 島根県松江市 ]・[ 松江市:歴史・観光・見所 ]
出雲国分寺跡 出雲国分寺跡 出雲国分寺跡 出雲国分寺跡 出雲国分寺跡
出雲国分寺跡 出雲国分寺跡 出雲国分寺跡 出雲国分寺跡 出雲国分寺跡
出雲国分寺跡 出雲国分寺跡 出雲国分寺跡 出雲国分寺跡 出雲国分寺跡
概要・歴史・観光・見所
出雲国分寺跡概要: 出雲国分寺跡国分寺は天平13年(741)に聖武天皇が全国に各国一宇づつ造営を命じたもので、出雲国では発令から10年前後に完成したと考えられています。出雲国分寺は南門、中門、金堂、講堂、僧坊が南北一直線に配置されている所謂「東大寺式」の伽藍で、明確に跡地が確認できる貴重な遺跡とされます。又、新羅の影響を受けたと思われる軒丸瓦が多数発見され独自の文化が発展していたと思われます。境内には約500尺(148.5m)で中央から幅約6m、長さ500mの古道が一直線で延びています。出雲大社が創建されると祭祀が杵築に移り、仏教的な祭祀も出雲大社の別当寺である鰐淵寺が担った為、国分寺の重要性が次第に失われ比較的早くに廃寺になったと推定されています。出雲国分寺跡は国指定史跡に指定されています。

 松江市観光・旅行見所ナビ:
カラコロ工房阿太加夜神社安国寺岡田山古墳華蔵寺岩屋後古墳岩屋寺旧八束銀行本店興雲閣金崎古墳群熊野大社月照寺
佐太神社松江市宍道町山代郷遺跡群出雲国庁跡出雲国分寺跡小泉八雲旧居松江城松江神社城山稲荷神社浄音寺真名井神社
神魂神社須賀神社菅原天満宮菅田庵成相寺洗合城善光寺中海天倫寺洞光寺八雲本陣八重垣神社普門院古曾志古墳群
武内神社法吉神社六所神社美保関武家屋敷
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「島根県歴史観光案内所」は「島根県の歴史」、「郷土資料辞典−島根県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。