佐太神社

  島根県:歴史・観光・見所松江市:歴史・観光・見所>佐太神社

概要・歴史・観光・見所
佐太神社(松江市)概要: 佐太神社は島根県松江市鹿島町佐陀宮内に鎮座している神社です。佐太神社の創建は不詳ですが、垂仁天皇54年(西暦25年)4月に信仰が始まったとされ、養老元年(717)に太政官符の命により社殿が再建されています。天平5年(733)に編纂された出雲国風土記には「佐太御子社」、延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳には「佐陀神社」と記載された古社で、「三代実録」によると貞観元年(859)に従五位下、貞観9年(867)に従五位上、貞観13年(871)に従四位下に列し、後鳥羽院より「正一位佐陀大明神」の勅額を賜い古くから出雲国二ノ宮とされ、出雲國三大社(出雲大社熊野大社、又は出雲大社・日御碕神社に佐太神社を合わせた3社)に数えられていました。

中世には社領700貫、2百80町歩、最盛期には社領7千貫、神職224人を擁し、江戸時代末期には末社51社を抱えました。豊臣政権下では弾圧されましたが、江戸時代に入ると歴代松江藩主が崇敬庇護し堀尾吉晴が社領200石を寄進し、貞享年間(1684〜1687年)には松平綱近によって社殿が造営されています。松江藩では領内の神社を2区分に分け組織化しましたが、特に格式が高い美保大明神・大野高宮・日御崎大明神平浜八幡宮須佐大宮横田八幡宮は単独で藩の支配下となり「一社一令社」と呼ばれ、それ以外の出雲国10郡の内、島根郡・秋鹿郡・楯縫郡、意字郡西半分の神社の統括は佐太神社が行い、残りは出雲大社が行いました。

明治時代初頭に松江藩から祭神を明確にせよと通達を受け、秘説一座を示したところ「猿田彦命」に決められそうになり「佐太御子神」として決着しました。その後も祭神が定まらず佐太大神となり最終的に佐太御子大神となりました。古くか神仏習合し「佐陀大明神」や「佐田大社」と称していましたが明治時代初頭に発令された神仏分離令により社号を「佐陀神社」に改め明治5年(1872)に郷社、明治7年(1874)に県社、明治14年(1881)に「佐太神社」に改め昭和12年(1937)に国幣小社に列しました。祭神:佐太大神。配祀神:伊弉諾尊、伊弉册尊、事解男命、速玉男命、天照大神、瓊瓊杵尊、素盞嗚尊、祕説神、祕説神、祕説神、祕説神。

佐太神社本殿は正中殿、北殿、南殿の三殿で構成され(このような社殿配列は平安時代末期頃に成立したとも云われています)、何れも文化4年(1807)に再建されたもので、大社造、桧皮葺、このように大社造の本殿が三殿並立の構えは佐太神社以外に類例が無く附として棟札3枚、指図板1枚と共に昭和57年(1982)に国指定重要文化財に指定されています。神門(神社山門)は切妻、銅板葺、三間一戸、八脚単層門。

佐太神社の文化財
・ 佐太神社正殿・北殿・南殿−文化4年−国指定重要文化財
・ 色々威胴丸(兜・大袖付)附:鎧唐櫃1合-室町時代-国指定重要文化財
・ 色々威五十八間筋兜−室町時代−国指定重要文化財
・ 色々威腹巻(兜・大袖付)−室町時代−国指定重要文化財
・ 彩絵檜扇・龍胆瑞花鳥蝶文扇箱−平安時代−国指定重要文化財
・ 佐陀神能−国指定重要無形民俗文化財
・ 舞楽面(陵王)−鎌倉時代−鳥取県指定文化財
・ 蛭巻薙刀拵−室町時代−鳥取県指定文化財
・ 鏡像 方鏡著彩阿弥陀如来来迎図−南北朝時代−鳥取県指定文化財
・ 円鏡線刻十一面観音坐像−鎌倉時代初期−鳥取県指定文化財
・ 大野太刀−室町時代初期−鳥取県指定文化財
・ 大野太刀−南北朝時代−鳥取県指定文化財
・ 黒漆御供台(3基)−南北朝時代−鳥取県指定文化財
・ 鰐口−嘉吉2年−鳥取県指定文化財

【 参考:サイト 】
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
公式ホームページ
【 参考:文献等 】
・ 現地案内板(御由緒)-佐太神社

佐太神社:社殿・境内・写真

佐太神社
[ 付近地図: 島根県松江市 ]・[ 松江市:歴史・観光・見所 ]
佐太神社 佐太神社 佐太神社 佐太神社
佐太神社 佐太神社 佐太神社 佐太神社
佐太神社 佐太神社 佐太神社 佐太神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「島根県歴史観光案内所」は「島根県の歴史」、「郷土資料辞典−島根県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。