石見銀山遺跡 :龍源寺間歩

 |島根県:歴史・観光・見所(ホーム)石見銀山(世界遺産・歴史・観光)大森地区銀山柵内地区温泉津温泉沖泊
大森地区
 ・ 阿部家住宅
 ・ 栄泉寺
 ・ 岡家住宅
 ・ 観世音寺
 ・ 河島家住宅
 ・ 旧大森区裁判所
 ・ 金森家住宅
 ・ 熊谷家住宅
 ・ 五百羅漢
 ・ 三宅家住宅
 ・ 勝源寺
 ・ 城上神社
 ・ 青山家住宅
 ・ 旧大森代官所
 ・ 妙蓮寺
 ・ 柳原家住宅
 ・ 
温泉津温泉
 ・ 元湯
 ・ 薬師湯
 ・ 内藤家庄屋屋敷
 ・ 温泉寺
 ・ 恵b寺
 ・ 西楽寺
 ・ 龍沢寺
 ・ 龍御前神社
 ・ 温泉津港
 ・ 温泉城
 ・  
沖泊
 ・ 恵比寿神社
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
龍源寺間歩・歴史・観光・見所
龍源寺間歩(大田市大森町)概要: 龍源寺間歩は江戸時代中期の正徳5年(1715)に開発された代官所直営の間歩で「御直山」と呼ばれました。坑道は高さ1.6〜2.0m、幅0.9〜1.5mで水平距離が約630m(公開しているのは旧坑道156m、新坑道116m、新坑道は栃畑谷へ通り抜ける為の連絡通路)あり、そこから鉱脈沿いに20余りの細く小さな坑道が延びています。江戸時代に掘削された部分はノミ等当時の道具の跡が随所に残され竪坑や斜坑、永久坑(永久坑とは龍源寺間歩の排水用の坑道で元禄6年:1693年〜天明7年:1787年に開削、しかし、この坑道からも良好な鉱物が発見された為、新たに製錬所が設置されました。明治時代以降も掘削され大正12年:1923年まで続けられました。)なども見られます。「御直山」の中では永久間歩、大久保間歩、新切間歩、新横相間歩と共に「五か山」と呼ばれ良質の銀鉱石が数多く掘り出され幕府の財政に貢献し、規模としては大久保間歩に次ぐ大きさでした。当初は福石が産出していましたが時代が下がると黄銅鉱、黄鉄鉱、方鉛鉱なども採掘されるようになり江戸時代後期には永久坑の更に下部に水抜き坑を設けた事でそこからの採掘も可能となりました。坑道の前には四ツ留役所が設けられ詰所には山方掛(3人)や同心(1人)、地役人などが監督や見張りなどの業務を行い、鏈置場も設置されました。龍源寺間歩は昭和44年(1969)に「石見銀山遺跡」として国指定史跡に指定されています。
龍源寺間歩
龍源寺間歩
[ 付近地図: 島根県大田市 ]・[ 銀山柵内:歴史・観光・見所 ]
龍源寺間歩 龍源寺間歩 龍源寺間歩 龍源寺間歩
龍源寺間歩 龍源寺間歩 龍源寺間歩 龍源寺間歩
銀山柵内:観光・見所
吉岡出雲墓
吉岡出雲墓
吉岡出雲墓
高橋家住宅
高橋家住宅
高橋家住宅
佐毘売山
佐毘売山神社
佐毘売山神社
新切間歩
新切間歩
新切間歩
清水寺
清水寺
清水寺
渡辺家住宅
渡辺家住宅
渡辺家住宅
豊栄神社
豊栄神社
豊栄神社
大久保氏墓
大久保石見守墓
大久保石見守墓
西本寺
西本寺
西本寺
安養寺
安養寺
安養寺
精錬所跡
清水谷精錬所跡
清水谷精錬所跡
福神山間歩
福神山間歩
福神山間歩
龍源寺間歩
龍源寺間歩
龍源寺間歩
吉岡出雲墓
吉岡出雲墓
吉岡出雲墓
 
白
 
島根県(ホーム)戻る

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「島根県:歴史・観光・見所>大田市:歴史・観光・見所」は「島根県の歴史」、「郷土資料辞典−島根県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。