石見銀山遺跡:大森地区

 |島根県:歴史・観光・見所(ホーム)石見銀山(世界遺産・歴史・観光)大森地区銀山柵内地区温泉津温泉沖泊
島根県・名所・見所
 ・ 華蔵寺
 ・ 熊野大社
 ・ 松江城
 ・ 真名井神社
 ・ 神魂神社
 ・ 八重垣神社
 ・ 美保関
 ・ 美保神社
 ・ 清水寺
 ・ 月山富田城
 ・ 一畑薬師
 ・ 日御碕灯台
 ・ 日御碕
 ・ 日御碕神社
 ・ 鰐淵寺
 ・ 立久恵峡
 ・ 石見畳ヶ浦
 ・ 柿本神社
 ・ 津和野城
 ・ 鷲原八幡宮
 ・ 太鼓谷稲成神社
 ・ 玉造温泉
 ・ 玉作湯神社
 ・ 石見銀山
 ・ 温泉津温泉
 ・ 出雲大社
 ・ 物部神社
 ・ 佐太神社
 ・ 龍源寺間歩
 ・ 佐毘売山神社
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
石見銀山遺跡:歴史・観光・見所
石見銀山遺跡:大森地区概要: 大森は江戸時代初頭に初代石見銀山奉行の大久保長安により計画されたのが始まりとされます。2代奉行竹村丹後守は奉行所(後の大森代官所)を大森に移し、さらに御銀蔵や武家屋敷なども近辺に配置、歴代奉行、代官の菩提寺である勝源寺も創建しました。大森は所謂、陣屋町として整備され石見銀山の政治、行政の中心地となり、街道沿いには年貢銀を秤量・検査する「掛屋」や村役人が公用で石見銀山を訪れ休息や宿泊で利用する「郷宿」、商人の町屋などが建ち並び、人口20万人を抱える一大商業地が形成されました。現在の町並みは寛政12年(1800)の大森大火後に再建されたもので、町屋、武家屋敷、社寺が混在する独特の景観が残されています。大森の町並みは「大田市大森銀山伝統的建造物群保存地区」として昭和62年に重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。
石見銀山遺跡:大森地区
石見銀山:町並み 石見銀山:町並み 石見銀山:町並み 石見銀山:町並み 石見銀山:町並み
石見銀山:町並み 石見銀山:町並み 石見銀山:町並み 石見銀山:町並み 石見銀山:町並み
石見銀山:町並み 石見銀山:町並み 石見銀山:町並み 石見銀山:町並み 石見銀山:町並み
石見銀山:町並み 石見銀山:町並み 石見銀山:町並み 石見銀山:町並み 石見銀山:町並み
石見銀山:町並み 石見銀山:町並み 石見銀山:町並み 石見銀山:町並み 石見銀山:町並み
大森地区:観光・見所
阿部家住宅
阿部家住宅
阿部家住宅
栄泉寺
栄泉寺
栄泉寺
岡家住宅
岡家住宅
岡家住宅
観世音寺
観世音寺
観世音寺
河島家住宅
旧河島家住宅
旧河島家住宅
旧裁判所
旧大森区裁判所
旧大森区裁判所
金森家住宅
金森家住宅
金森家住宅
熊谷家住宅
熊谷家住宅
熊谷家住宅
五百羅漢
五百羅漢
五百羅漢
三宅家住宅
三宅家住宅
三宅家住宅
勝源寺
勝源寺
勝源寺
城上神社
城上神社
城上神社
青山家住宅
青山家住宅
青山家住宅
大森代官所
旧大森代官所
旧大森代官所
妙蓮寺
妙蓮寺
妙蓮寺
島根県(ホーム)戻る

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「島根県:歴史・観光・見所>大田市:歴史・観光・見所」は「島根県の歴史」、「郷土資料辞典−島根県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。